読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自己愛性人格障害者との長い戦い

実体験から得た自己愛性人格障害者への対処法やお役立ち情報をご紹介します。

【自己愛性人格障害者と比べた感覚の違いpart1】

おかげさまでこのブログも1月6日に最初の記事を書いて以来、徐々にですが

アクセスや体験談などの投稿も増えてきました。

そこで今回はいつものようにストーリー形式ではなく、短い体験談をいくつか

紹介していきます。一般人とは違う自己愛の感覚の違いを再認識していただき、

ご参考にしていただけると幸いです。

【価値観編】

=========================================================

自己愛は自分の考えがすべて正しく、それを受け入れられない人は、

頭おかしいくらいの事を長々と語りかけてきます。

話を聞かされている時は、正直本当にウザかったです。

例えば、こんな事がありました。

「Aという財布が滅茶苦茶カッコいい」と自己愛が思っていたとします。

なぜ、Aなのか?という理由(何も根拠はありません。ふわっとしたもの)を

延々ときかされ、Aと比較対象になる財布を持ってる人やお店で発見した時は

必死で粗探しをして、あたかも比較対象の財布がAよりかなり劣っている事を

吹き込んできます。

例えばこんな事を言います。

「Bとか買う人間の気持ちが分からない」「Cを○○が買ったらひくわ~!」

単純に好き嫌いの範疇ではなく、BやCの財布を持っているとこの世の終わり

位の全否定を行います。

そういう事を毎日聞かされると気持ち悪くウンザリします。

人の価値観や物事を捉える感性は十人十色という事が分からないのだと

思います。しかし、そういった事を聞かされない現在はとても気持ちが

穏やかに暮せています。

東京都在住 40代男性 

=========================================================

【恋愛編】

=========================================================

彼と出会ってから1週間くらい経った頃に、こんなやり取りがありました。

彼「俺が日本を動かしているんだよ」

私「なんでそんな事を言えるの?」

彼「俺は日本のあらゆる偉い人を知っている」

最初は、私を楽しませてくれるために冗談で言ってると思ったのですが

そのうち、会う度に自分の自慢話を言ってきたり、偉い人を紹介されても

たいしてその人と親しくなく会った後に「あいつも変わったな」と吐き捨てる

ように言ってた姿を見て信用できなくなり、気持ち悪くなり別れました。

埼玉県在住 20代女性

=========================================================

今後も寄せられた体験談を紹介していきたいと思います。

何か取り上げて欲しいテーマやご相談した事がありましたら

コチラから↓お気軽にご相談ください。

mailform.mface.jp