読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自己愛性人格障害者との長い戦い

実体験から得た自己愛性人格障害者への対処法やお役立ち情報をご紹介します。

セミナー講師が自己愛性人格障害者だった場合・・・

f:id:jikoai-review:20160822165153j:plain

この話は、かれこれ2~3年前に著者の私が参加したセミナーの講師が実は自己愛性人格障害者だったと

いう話です。

自己愛性人格障害の特徴である、「他人を利用してやろう!」という思惑が見え隠れした人でした。

普通セミナー講師と参加者の関係は、先生と生徒になります。

だから、ちゃんとした講師のセミナーに参加しないと時間とお金の無駄どころか利用されて、

もっとたくさんの時間とお金を奪われる結果になります。

間違ってそんな講師のセミナーに参加してしまったとしても、お金や時間を「奪われない」ために、

この記事が参考になれば幸いです。

申込時から2つの違和感を感じたセミナー

私が参加しようと思ったのはマーケティング手法のセミナーでした。

そのマーケティング手法は出版されていて、私も本を読んで実践してみたら効果が実感できたので、

さらに理解を深めようと参加を決意しました。

そこで、マーケティング手法の公式サイトを見て申込みました。

その後、返信されてきたメールの内容をみると、講師は本を出版された方ではなくその方のお弟子さんが教えてくれるとのことでした。

 しかし、セミナー参加前の時点ですでにそのお弟子さんに「?」と思ったことが2つあります。

・ホームページが素人が作ったようなデザイン

→マーケティング手法を教える講師なのに?しかも工事中の箇所が結構あるのはなぜだろう?

あえて親しみやすさを出す為に狙っている?

・セミナーまでに見ておいてください!と送られてきた動画のURLがリンク切れ

マーケティング手法を教える講師なら機会損失を知っているのになぜだろう?

結局、動画はリンク切れを伝えると、セミナー開催日ぎりぎりにURLを送ってきました。

 セミナー終了後に待っていたものとは・・・

セミナー内容は、お題を与えられ、本に書いてある内容をワークで実践していくというもので、

理解が深められこれは良かったと思います。

しかし、後日facebookメッセンジャーで「お昼でも食べませんか?」と言われ、

私は「関係を築きたいんだな?」と思いOKして会うことになりました。

しかし、ここから「利用してやろう」の本性を剝き出してくることとなります。

無料サービスを強調してくる自己愛性人格障害者

ご飯を食べながら世間話をしているような雰囲気でしたが、私は何か違和感を感じていました。

しかし、その時は何も分かりません。違和感の正体は後々紹介します。

そして、ご飯を食べ終える時に自己愛性人格障害者がこう切り出してきました。

「私は、今後のセミナー内容を充実させるために100人コーチングしています。そこで無料でいいので

ご協力願えませんか?無料なのでご負担ないですよね?」

やたら無料を強調してきたので不信感が生まれましたが、特に断る理由もなかったのでOKをし再度後日に会う約束をしました。

いきなり豹変!欲望を剝き出しにした自己愛性人格障害者

 そして後日会い、無料コーチングを受けて内容をフィードバックしてもらいました。

しかし、ここでも違和感を感じます。なぜなら、内容が薄いのです。

これなら受けなくても一緒では?と思わされましたが、内容を静かに聞いていると、今まで普通にしゃべっていた自己愛人格障害者の態度が突然豹変しました。

そのやりとりをご覧ください。(自己愛人格障害者は以下「自」を紹介します)

自「内容いかがですか?」

私「う~ん。いいと思いますがもう少し考えて内容を詰めたいですね」

自「考える?そしたら1人で考えるのでは時間がたくさんかかりますよ」

私「それを避ける何か手はあるんですか?」

自「わたしなら、毎月フィードバックして成功させますよ!そうわたしに依頼した方がいいと思います!私に全部任せてください!」

正直、フィードバックされた内容だったら自分で考えて行動できるのに、この人は自分が話した内容がすごい!と思っているんだろうなと考えながら検討しますねと言ってその場を立ち去ろうとしました。

しかし、自己愛人格障害者は帰してくれません。

なぜなら、契約を取ろうと必死で、しかも私のことなど1ミリも考えていない事が強く感じられました。

 もうダメだ!と思い「もう今日は時間がないんで!」と話し、半ば強引にその場を去りました。

その後、落ち込んだのか自己愛人格障害者から連絡は来ず契約を迫られることもありません。

今回感じた違和感の正体とは・・・

申込み時から最後に会った日までで感じた違和感の正体とは?

相手の悩みを解決するのではなく、自分の目先の利益のためだけに動いていることです。

しかも、セミナー経験豊富でたくさんの人に会っていると思うのにフィードバックされた内容が、

かなり薄く感じました。

なぜなら、フィードバックされた内容は全部、私がこうしたいと言った事そのままを紙に

書いてまとめただけのものだったからです。

さらに、営業をしてくる時もすべて自分都合の話をしてきました。

 最後に、こんなセミナー講師に合わないように気を付けることとは?

セミナーを本業にしている人ならば、結構簡単です。

その人本人ではなく参加者がどれくらい成功しているかが参考になると思います。

なぜなら、それだけ自分目線ではなく他人目線で動いている結果だからです。

特に、自分が!自分が!と前に出てくるセミナー講師には気を付けましょう。

ご参考になれば幸いです。