読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自己愛性人格障害者との長い戦い

実体験から得た自己愛性人格障害者への対処法やお役立ち情報をご紹介します。

自己愛性人格障害者が自分の事を卑下する理由

f:id:jikoai-review:20160515175905j:plain

今回は、自己愛性人格障害者が自分の事を卑下する理由を解説していきます。

自己愛が「俺は必要とされてない」「俺は○○にとって不要な存在だろ」となぜ言ってくるのかを、毎度おなじみな自己愛社長の言動に照らし合わせて検証していきます。

自己愛社長が自分を卑下する時に使う言葉

・「どうせ俺なんて○○にとって必要ない存在だろ?」

・「○○←(自己愛社長の事)不要論ですか?」

・「俺の仕事なんて手伝いたくないと思っているだろ?」

・「みんな俺の事なんて気にしてないだろ?」

なぜこんな事をあえて言ってくるのでしょう?

答えはカンタンです。自己愛性人格障害者の特徴である構って欲しい、賞賛して欲しいので、あえて自分を卑下して相手にとって印象を良くすると共に否定して欲しいのです。

「そんな事ないですよ」と言ってもらう事で俺は必要とされてる、気にされてると実感でき自分が保てるようになります。

もう1つは、自分が傷つかないように予め予防線を張ります。

(これは、そんなに親しくない関係で多用されます。)

卑下してきた時に絶対にしてはいけない事

「そうなんですね」などとリアクションしたり、話を流すような素振りは見せてはいけません。

なぜなら、自己愛は「そんな事ないですよ」を心の中で待っています。

かなり面倒くさく、できれば付き合いたくない存在です。

あなたの近くにこんな人いませんか?

相手の話を聞いているフリをするのが上手い

実際は他人の話なんか聞いてませんよ!

自分を卑下する言葉を強調して使ってくる

そんな事ないですよ」を心待ちにしています。

自分の話(特に自慢話)をするのが大好き

褒めて、構ってと常に思っているからコレが出ます。

上に書いた3つの言動はすべて自己愛性人格障害者の特徴です。

良い人そうに見えてもなんか「嫌」な気分になったり違和感を感じる人はあなたの近くにいませんか?

そう感じる人は自己愛性人格障害者である可能性が高いです。

自己愛と普通の人の卑下を見分ける方法

自分の事を卑下したり謙虚にしている人がいたら本音で言っているかどうかを観察してみてください。

人間には直観という力をみんなもっています。

言っていることが「本音」でないと感じたら、人はギャップがあると思い「コイツ上辺でモノを言ってるな」と感じるはずです。

少しでもそう感じる人間がいたら、直観力を信じて付き合わないようにしましょう。

いかがでしょうか?

自己愛が自分の事を卑下して言ってきても「言葉」を信じるのではなく「行動」を観察し信頼できるかどうかを決めましょう!