読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自己愛性人格障害者との長い戦い

実体験から得た自己愛性人格障害者への対処法やお役立ち情報をご紹介します。

【自己愛性人格障害者の特徴-不快な気分を取り除くのは奴隷の役目part1】

本日は、毎度おなじみの自己愛社長が「TEAM Y」に言いがかりを

つけてきました。著者の私にも火の粉が飛んできて仕事にならず、

かなり怒りと殺意を覚えましたので、そのやり取りと自己愛の特徴を

紹介します。

【登場人物】

・自己愛認知症社長

毎度おなじみの自己愛社長です。今回は自分の会社に税務調査という

強烈に損をすると感じさせられる出来事の連絡が電話で入り小心者なので、

徹底的に調査されて、金を根こそぎ持っていかれるんじゃないかというくらい

ビビッています。

※ビビるという事は分かりやすく言うと「火の無い所に煙は立たぬ」ですね

そこで、この社長が支配下に置いているとまだ錯覚している「TEAM Y」に

言いがかりを付け金銭欲と支配欲を満たして自分を保とうとします。

話の詳細は後で紹介しますが、年商1億を超えている会社の社長(粗利は

多分7割以上)が月々数千円の話に何時間も割くという信じられないくらいの

時間感覚と周りへの配慮のなさ(自分中心さ)を発揮し、ますます人の気持ちが

離れる行動をしてしまいます。

毎回毎回人の事を思っているからこうした方がいいとぬかしてきますが

フタを開けるとすべて自己愛認知症社長のためになります。

ただ、雰囲気を察知されるという事は自己愛の中でもちょっとバカな部類に

入ります。

 ・「TEAM Y」メンバー3人

今回この訳の分からない言いがかりをつけられたのが「TEAM Y」の3人です。

自己愛認知症社長がつけた言いがかりの内容は大きく分けて2つです。

1つはすでに決まっている話、もう1つはえっ?この金額で何時間話すの?と

いう内容です。

【プロローグ】

 まず、言いがかり被害者の第一号は著者であり、「TEAM Y」事務局長の私です。

この日は、午後に事務所へ行きました。道中では、自己愛認知症社長が来る前に

自分の仕事を終わらせようと思い電車を降りて小走りで事務所へ向かいました。

しかし、そうは問屋が卸しませんでした。

事務所に入ってすぐに、禿げ上がったデカイ頭が見えました。

あっ!来てるとビックリしたのと同時に、なんでこんな早く来るんだと

憤りを感じました。

それを察知したかどうか知りませんが、自己愛認知症社長が「おはよう」と

言ってきました。私は「あぁ、おはようございます~」とトーンを低くして

一応挨拶をしました。

PCを立上げ、さぁこれからという時に自己愛認知症社長が話かけてきました。

私は眼も合わさず「えぇ~、はい」と答えました。

その次の瞬間、信じられない事を自己愛認知症社長が言ってきます。

今日はここまで、次回は被害者第一号の私と自己愛認知症社長との

やりとりを公開します。お楽しみに!!