読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自己愛性人格障害者との長い戦い

実体験から得た自己愛性人格障害者への対処法やお役立ち情報をご紹介します。

【一貫性がなくブレまくり!?-自己愛性人格障害者年頭の誓い!】

みなさんはお正月の時期に何を行いますか?

初詣、親族への挨拶、届いた年賀状を見る、お節料理や雑煮を食べるなど

色々あります。

今回は、この時期に新たな気持ちで1年を過ごすために立てる年頭の誓いを

自己愛性人格障害者が行うと、どれだけ短絡的で一貫性がないかを経験しま

したのでご紹介します。

まずは、各年度の誓っている内容を見て比較してみてください。

書いている内容からの心理状況とウソが垣間見えてきます。

年度ごとに、突っ込みどころ満載ですが最後に総括しますのでそれまで

少々お待ちください。

【2014年 年頭の誓いの内容】

1.身内のような方が亡くなり、ショックを受けてSNSが更新できなくなる

2.仕事で進行中させている案件(国内10エリア&アジア3か国)がたくさんある

3.本当にやりたい事しかやらない

4.嫌われるような事を言って、嫌われてもOK

5.大義と使命感ある人と付き合い、私利私欲の人には適当にあしらう

6.キャラ設定を再度行う&ゼロからスタート

2015年 年頭の誓いの内容

1.嫌いな人とは仕事しない

2.愛想笑いを上手くやる

3.会議のオープニングで気の利いた事を言えるようにする

4.今まで自分の発言に責任を持つ

5.人脈を増やす

6.たとえ、裏切られてもだいたいの事は許す。許せない場合は徹底抗戦

2016年 年頭の誓いの内容】※この年から短文になりました。

1.やりたい事かどうかではなく、必要とされる場所で活かされ楽しむ

2.もっと仕事ください

3年間の誓いの内容を見てみていかがでしょうか?

今まで私のブログを見ていた方は、すでに気づいたかもしれませんが

3年分の誓いの中には、ウソがたくさんあります。

【徹底検証:自己愛性人格障害者がみせる偽りの内容】

明らかにウソと思える事を自己愛の特徴を出しながら年度別に検証して

いきます。

2014年度

嫌われるような事を言って、嫌われてもOK

→そもそも、自信がなく他人の評価が気になり賞賛されたい自己愛が

 嫌われてもOKというわけがありません。

仕事で進行中させている案件(国内10エリア&アジア3か国)

→話を盛っている可能性大です。今はこの1割も案件は残っていません。

 賞賛されたから話を盛ったか?最初から、こんなになかったんじゃないの?と

 思ってしまいます。

大義と使命感ある人と付き合い、私利私欲の人には適当にあしらう

→自分自身が欲望のために生きてるのに、そんな人に大義と使命感が

 ある人が寄ってくるはずありません。というか自分は私利私欲では

 ないとアピールしているのが面白いです。

キャラ設定を再度行う

→芸能人ならともかく、ビジネスの世界でキャラ設定は必要でしょうか?

 それだけ自分を隠さないと集団生活できないという事と自分の軸がないという

 ことをアピールしています。

2015年度

嫌いな人とは仕事しない

→だから~、他人の評価が気になり賞賛されたい人が嫌われてもOKという事

 がないんです。これは言い換えると敵認定した人と仕事したくないという

 事です。

愛想笑いを上手くやる、会議のオープニングで気の利いた事を言えるようにする

→他人の事が興味がないので無理です。

今まで自分の発言に責任を持つ

→自己の都合にいいように脳内変換する、人のせいにする、被害者顔する人間

 が自分の発言に責任を持てるはずがありません。発言に責任を持てるとすれ

 ば、物事が上手く行って賞賛されるときだけです。

 要はいい時しか自分が言った事を覚えてません。

人脈を増やす

→初対面の印象は抜群にいいですから。人脈はできやすいでしょう。

 しかし、長続きしません。書くなら短期で金になる人脈を増やすに変えて

 ほしいものです。

たとえ、裏切られてもだいたいの事は許す。許せない場合は徹底抗戦

→だいたいの事は許すとは?一般人と器の大きさが違うと思ってください。

 ようするに一般人から見れば「そんな些細な事に?」と思う事に平気で

 切れて、我慢したんだけどねと自己肯定し、同意を求めてきます。

 世の中のすべてといっていいくらい、ほとんどの事が許せないと思って

 いただいてOKです。

2014年、2015年とウソをつき続けたおかげで、周囲から人がどんどん離れて

いき、収入が減る見込み十分で、自分が保てなくなったんでしょう!

(自己愛でいうとキャラ設定に失敗した!)

そこでなんと、2016年は言ってる事が今までと全く違う方向にブレてしまいます。

もう一度見てみましょう。

やりたい事かどうかではなく、必要とされる場所で活かされ楽しむ

もっと仕事ください

上の文章を見て、あなたはどう分析しますか?

真面目そうに心を入れ替えたと思っていたら、あなたは自己愛に騙される

可能性大です。

この文章から私が思う自己愛性人格障害者の心理状況の優先順位は、

1.周囲から人が減ったのでまずは自分を構ってほしい!俺を賞賛しろ!

2.お金がほしい

3.いなくなった人達とも関係を復活したい

ということです。

欲望に忠実だから、新年の誓いがこれだけブレるという事がわかると

分析してみました。

この回でご理解いただきたいのは、表面上きれいごとを言っても相手は

自己愛性人格障害者なので、必ず心には別の欲求があり、利用されるだけと

いうことです。みなさんも気をつけてください!