読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自己愛性人格障害者との長い戦い

実体験から得た自己愛性人格障害者への対処法やお役立ち情報をご紹介します。

【短編実録!自己愛性人格障害者の特徴-イベント物販編part1】

今回はイベントの物販時に起きた、しょうもない言いがかりをつけて切れる

残念な自己愛社長の行動をご紹介します。

前回のイベント運営編と同じイベントで、本当にしょうもない事で切れ散ら

かします。

それだけ、理性が働くのが阻害され本能(欲望)だけで行動しているのが

よく分かります。今回は、その中で物販ブースをクローズアップします。

※これも実話に少し脚色しています。

【登場人物】

・自己愛スネ夫社長

毎度毎度、自己愛っぷりを十分に発揮します。

今回は立場が弱い人間を虐める行動なので、自己愛スネ夫社長になっています。

・グッズ会社社員(女性)

自己愛スネ夫社長以外の別の主催メンバーから依頼でグッズを製作します。

当日は、納品して売り子をやっていました。

実は、このグッズに使用しているキャラクターの使用許可を主催メンバーから

聞かされていなかったスネ夫社長は激怒します。

とんだとばっちりを受けてかわいそうな人です。

【イベント会場到着まで-車中の攻防戦-】

自己愛スネ夫社長は毎度車でイベント会場に向かいます。

なぜなら、このイベントには自己愛スネ夫社長が関わって製作したグッズの

物販を行うため、車に乗せて持っていくからです。

いつも車に乗ってる時間は20~30分でしょうか?

このイベントに参加する時、なぜか著者の私は同乗させられ会場に向かわされ

ます。

この20~30分が自己愛にとっては恰好の情報収集タイムなんでしょう。

プライベート含め、根掘り葉掘り聞いてきます。

スネ夫社長が自己愛と分からない時は、私もペラペラ自分の事をしゃべって

いました。しかし社長が自己愛と分かってからは、自分の事は極力しゃべらず

自己愛スネ夫社長を持ち上げつつ、逆にリサーチに徹しています。

【なぜそうさせるのか?理由は3つ!】

後々、都合の良い時に利用されるか誇張して言いふらされる

少し持ち上げると、とても喜んでその時だけは味方認定されてイベント中は

 攻撃される心配がない

その時点での自己愛スネ夫社長の価値観が分かるので、接し方の戦略が

 立てやすい

→人間的に中身のない自己愛ですから、その時の価値観を聞いて

 これは誰の影響を受けているかを予測できる。

【車中で起こす自己愛性人格障害者の特徴】

たかが20~30分といえど相手は自己愛ですから常に何かを聞き出そうとする

雰囲気が車中に蔓延して居心地がいいものではありません。

さらに、車の運転編で紹介した通り歩行者に対しても競争意識を抱き、厳しく

接するので「轢くぞ!」、「どけ!」、「こいつ!」とか汚い言葉を車中で

連呼しているので、同乗していたら誰でも気分も悪くなります。

そんな自己愛スネ夫社長が会場に着き、目にしたものは???

今日はここまで・・・次回は目にしたものに対し、スネ夫社長が逆上します。

part2もお楽しみに!