読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自己愛性人格障害者との長い戦い

実体験から得た自己愛性人格障害者への対処法やお役立ち情報をご紹介します。

【短編実録!自己愛性人格障害者の特徴-イベント運営編】

あなたは大人数の前で、訳分からず理不尽に怒鳴られた経験はありますか?

こんな事をするといとも簡単に人が離れていく事が分からず、短絡的で感情的な

子供のような自己愛社長の切れ散らかしぶりをご紹介します。

※実話に少し脚色しています。

【登場人物】

・自己愛子供社長

前回の未成年に騙された社長です。今回も自己愛っぷりを発揮しています。

今回は子供っぽい行動なので、自己愛子供社長になっています。

・イベント会社社長

昔は自己愛子供社長の元で働いていましたが独立。

独立時に自己愛子供社長から自己愛特有の嫌がらせを強烈に受け、

自己愛子供社長の堕落ぶりを心から願っている被害者チームの1人。

【イベント開始前まで-自己愛の言質-】

毎年年に2回ほど、自己愛子供社長やイベント会社社長などが合同で主催・運営

するイベントが都内某所で開かれます。(規模は100~200人位です)

そこに導入する設備の一部を今まで自己愛子供社長の会社を通して導入して

いました。(多分、自己愛子供社長の会社を通るときにいくらか利益をのっけて

たのだと思います)

しかし、金額が数万円と少額のため自己愛子供社長はイベント会社社長に

口頭で「もう、うちの会社は通さなくていいから。直接やりとりして。」

伝えました。

しかしこの口頭が後々、自己愛の特徴を象徴する結果を招きます・・・

【イベント開始後-ついに本性現る!】

イベント当日に運営するスタッフは大体20~30人位がおり、みんな役割分担を

して準備や運営・片づけをしています。

そしてイベントが開始され、100人以上の参加者がいて大事も起きず進行して

いきお開きとなりました。

これを書いている著者の私もこのイベントに参加していましたが、片づけが

始まろうとした時、誰もが振り返るような会場中に響き渡る大きい声で

イベント会社社長に「○○ちょっと来い!」という早速空気を読まない直情的な

自己愛っぷりを丸出しにしていました。

よっぽど、何かやらかしたのかな?と私も思いましたが、後で自己愛子供社長と

イベント会社社長両者にヒアリングした結果事実が分かり自己愛子供社長の

幼稚さと同じことを何度も繰り返す残念な人だなと感じ呆れてしまいました。

【自己愛子供社長が切れ散らかした残念な理由】

要は、今回から設備の導入は自己愛子供社長の会社は通さなくていいと、

自ら口頭で言っていたのに、すっかり記憶から抜け落ちて当日設備を見て、

「何勝手にやってるんじぁ!」となって会場にいるスタッフ全員に醜態を

さらしたのでした。

片づけが終わった後、自己愛子供社長は参加しなかった打ち上げの場で、

イベント会社社長はスタッフの人達に、「○○さんどうしました?」と聞かれ、

事の成り行きを話すと聞いた全員呆れていたそうです。

これを読んでるみなさん!こうやって人は離れていきます。

反面教師にして自分はそうならないようにしましょう!

その後、自己愛子供社長は何事もなかったようにイベント会社社長に接して

くるそうです。ここまでくるとお花畑のような爬虫類脳の持ち主だと言えます。

【このストーリーで出た自己愛の特徴】

・自分の都合の良いように脳内変換(都合の悪い事は記憶から抹殺!)

・自分は特別な存在だと思っている

→だからみんなの前で怒鳴っても許されると思っている

・欲望に忠実(他人には損得勘定しか持ってない。情などはかけません。)

だから場所を変えて話すなどができない。損させられたと感じると

 その人間を許せなくなり一瞬で敵認定確定!

・恫喝してくる

→自分に自信がなく、今回も自分の知らないところで物事が進んでいるので

 自分はこのイベントに必要ないんじゃないか?思い始め、そんな感情が

 受け止められず威嚇・恫喝してくる(野良犬と一緒です!)

【対処方法】

一番簡単な対処法は、関わらない・断るというのがベストです。

しかし、今回のようにこちらの認識ではいいと思って進めていたのが

常識のない自己愛には通用しない事が多いので対処法を下記のようにまとめて

みました。

・最初、口頭で言われた時に記録に残す

→ノートにメモなどはかなり不安です。おまえが書き換えたなど平気で言って

 きます。

 ベストはスマホボイスレコーダーなどで録音して何かあったら突きつけて

 やりましょう。

・重要な場面では1人で話を聞かず、社内外で最低3人以上の前で自己愛に

 話をさせて議事録を作り自己愛に確認する(この時も録音は必須)

みなさん参考にしてみてください。